《 本文へ 》  【 トップ > 概要 | 事業 ( カンファレンス ・ 協会誌 ・ コンテスト ・ SIG ) | 事務局 | サイトマップ 】

最優秀賞(学生部門)

視覚障害者も利用可能なバリアフリーゲーム Shadow Rine 〜Fullvoice Edition
応募者
筑波技術大学 保健科学部 情報システム科3年 松尾 政輝 氏
共同開発者
長崎外国語大学 外国語学部 現代英語学科3年 中尾 清隆
応募概要
本作品は、視覚障害者と健常者が一緒に遊ぶことのできるバリアフリーなアクション・ロールプレイングゲームです。障害の有無に関係なく楽しむことができ、同じゲームについての話題を共有できることを目指し、開発しました。2次元上のマップを上下左右に移動しながら進み、敵を倒し、謎を解きながら物語を進めていきます。本ゲームは、スクリーンリーダ(画面読み上げソフト)に対応しており、画面を見ずとも、音だけを頼りにゲームを進めることができます。また、触覚ディスプレイを使用することで、ゲーム画面を実際に触りながら遊ぶこともできます。ゲームをまったく遊んだことのない初心者にもわかりやすい詳細なチュートリアルモードから、上級者向けのやりこみ要素までを準備し、ユーザの状況にかかわらず、誰もが十分楽しめるような工夫を凝らしました。
   

先頭へ |  2014結果一覧へ |  トップページへ


(C) Rehabilitation Engineering Society of JAPAN (Resja) , 2014