リハビリテーション工学協会協会誌

 当協会の事業の一環として、協会誌「リハビリテーション・エンジニアリング」を年4回発行し、協会員・購読会員に送付しております。1986年10月の創刊号発刊以来、2015年度には通巻100号を超え、継続発刊中です(発行部数約 1, 000 部 協会誌最新号バックナンバー 参照)。

  当協会誌は、特集・報告・投稿論文等・協会よりのお知らせ等より構成されています。編集委員は、リハエンジニア・セラピスト・医療・介護・教育研究等の専門職からなる多職種により構成され、かつ障害当事者の編集委員が携わっています。特集内容は、編集委員会の自由な発想と議論、そして多彩な執筆者層から生み出されるため、誌面自体が医工学連携、職種や立場の垣根を越えた交流の場となり、バラエティーに富んでいます。報告からは関連学会・展示会等の動向、投稿論文等からはリハ工学分野における最新の研究開発動向を知ることができ、随時投稿を受け付けております(投稿規定)。

協会誌は、一般購読も可能であり(購入方法)、法人・団体向けの購読サービスもあります。また、国立国会図書館でも閲覧できます。協会誌の充実を図る為、広告掲載の募集を行っております(広告募集)。現在、国際化推進・情報アクセシビリティ―向上のためにも、協会誌の電子公開作業を進めております。著者の申し出による掲載(公開)の場合には、機関リポジトリへの掲載(公開)を可能としています(著作物の電子公開(機関リポジトリ掲載チェックリスト)について(PDFファイル))。多くの方に、協会誌に記された創意工夫の数々に触れ、生活・支援のうるおいに活かしていただけることを願っております。

リハビリテーションエンジニアリング