▼HOME

 ▼義肢装具SIGとは
 ▼会員専用ページ
 ▼講習会の記録 

 ▼入会案内

 ▼犬やネコの義肢装具

 ▼関連リンク


 事務局への
 お問い合わせe-mailは
  po-sig@resja.or.jp
 まで
 (@を小文字の@に
     変えてください)
 

義肢装具SIGのホームページへようこそ
もっともっと義肢装具の話をしよう!


 ごあいさつ

「義肢装具SIG(シグ)」とは日本リハビリテーション工学協会の協力団体です。SIGとはSpecial Interest Groupの略です。

義肢装具に興味と関心を持つ人が集まり、技術や知識を深めていくグループとして、義肢装具を「よく」していきたいと願い、2005年3月に設立されました。

しかし、専門家だけのマニアックな集団ではありません。まずは、義肢装具を身近なものと親しんでもらえるような活動をしていきます。

肩書きやキャリアに関係なくざっくばらんに、義肢装具について意見交換ができる場としてありたい。多くの方の参加をお待ちしています。

(日本リハビリテーション工学協会とは、生活を行う上で障害を有する人々に対しその生活を豊かに実現するための工学的支援技術を発展・普及させるとともに、この技術を通じて学術・文化・産業の振興に寄与することを目的とする会で前述目的に賛同する個人および団体によって構成されています)


 WHAT'S NEW

■2018.7.10.
「義肢装具SIG第14回講習会」 案内パンフ(PDF)
  義肢装具の役割−本当の付加価値って何なんだ?その2

   この講習会は終了いたしました
   ご参加いただいた皆さん
   ありがとうございました!!


 2018年9月1日(土) 13:30〜17:00
      9月2日(日)  9:00〜12:00
 神奈川リハビリテーション病院
  神奈川県厚木市七沢516 神奈川県総合リハビリテーションセンター
  小田急小田原線「本厚木駅」からバスで30分
   「本厚木駅」北東の厚木バスセンター発(9番乗り場)
   七沢行(厚33 厚39)・広沢寺温泉行(厚38)
   下車のバス停は「神奈川リハビリ」です

   会場案内地図(PDF)

 義肢装具SIGは、立場や職種にこだわらずに仲間の輪を広げ、より実質的な研究活動を行っていくために、2005年3月に発足しました。昨年は第13回の講習会を神戸で開催し多くの皆さんに参加いただきました。そして今年も第14回講習会を神奈川県厚木市の神奈川リハビリテーション病院で開催いたします。
 今回は「義肢装具の役割−本当の付加価値って何なんだ?その2」をテーマに、第一線で活躍されている方々を講師に迎えての講義、義肢装具の体験など参加型の講習会を計画しています。はじめて義肢装具を見る方でも大丈夫!義肢装具士に限らず、エンドユーザー、医師、PT、OT、エンジニア、分野を問わず学生から高校生まで、義肢装具や障害者スポーツに興味のある方ならどなたでも参加大歓迎です!
 なおこの講習会は日本作業療法士協会生涯教育基礎研修ポイントおよび日本義肢装具士協会生涯学習1単位が習得できます(予定)。

■プログラム(予定) 定員:80名
 9月1日(土) 受付は13:00からです
  13:30〜14:00
   基調講演「義手のあれこれ(基礎から筋電まで)」
   「義手の基本と義手リハビリテーション〜医師の立場から〜」
   兵庫県立リハビリテーション中央病院 整形外科医 戸田光紀
  14:00〜15:00
   基調講演「義手のあれこれ(基礎から筋電まで)」
   「上肢切断者(児)への作業療法の紹介」
   兵庫県立リハビリテーション中央病院 作業療法士 溝部二十四
  15:10〜16:00
   ワークショップと実技体験「最先端の義手」 
     ミケランジェロ(オットーボック・ジャパン株式会社)
     アイリム(パシフィックサプライ株式会社)
     Xフィンガー(株式会社啓愛義肢材料販売所) 
  16:10〜16:30
   地域施設紹介
   「かながわリハビリロボットクリニック(KRRC)の紹介」
    神奈川リハビリテーション病院
      義肢装具士 丸田耕平
      作業療法士 對間泰雄
  16:30〜17:00
   フリーディスカッション

 *19:00〜21:00
   懇親会 講習会終了後に別会場で開催します
   参加費は別途必要です
 
 9月2日(日)
   9:00〜11:30
   「まずはスポーツを始めよう!(TSAをお手本に)」
   TSA:Takahashi Snow Acrobat
      TSA創設者 斎藤禎彦
      TSAメンバー 木下幸彦
    お二人に義足でスポーツをすることの
    楽しさなどについてお話をしていただきます
   「スノーボードと義肢装具」
     熊本総合医療リハビリテーション学院
     義肢装具士 笹川友彦

  *12:30〜15:00
    オプショナルツアー 参加費は無料です
    神奈川リハビリテーション病院から
    徒歩20分くらいのところにある
    神奈川県自然環境保全センターの
    ミニ観察会に参加します!
    センターの野外施設をゆっくりと歩きながら
    湿地や雑木林の多様な生き物たちを観察します

■参加費
(参加して頂きやすいように2日間日程のうち1日のみの参加も追加しました)

 <両日参加の場合>
  義肢装具ユーザー 無料(義肢装具を生業とする方は除きます)
  学生 3,000円
  リハ工会員 7,000円
  義肢装具SIG会員 8,000円
  協賛団体会員 9,000円
  一般 10,000円

 <9/1のみ参加の場合>
  義肢装具ユーザー 無料(義肢装具を生業とする方は除きます)
  学生 2,000円
  リハ工会員 4,000円
  義肢装具SIG会員 5,000円
  協賛団体会員 6,000円
  一般 7,000円

 <9/2のみ参加の場合>
  義肢装具ユーザー 無料(義肢装具を生業とする方は除きます)
  学生 1,000円
  リハ工会員 3,000円
  義肢装具SIG会員 3,000円
  協賛団体会員 3,000円
  一般 3,000円


申込期限 8月24日(金)

■参加申込はコチラの入力フォームからどうぞ
  入力フォームからの参加申込は終了しました
  参加を希望される方は
  講習会当日 会場受付で直接お申込ください


■講習会窓口
  義肢装具SIG講習会事務局 受付窓口:砂野(いさの)
   〒649-6426 和歌山県紀の川市下井阪252−5
   
 e-mail:po-sig@resja.or.jp
    FAX. 0736-77-6111

■主催団体 一般社団法人日本リハビリテーション工学協会
        代表 沖川悦三
■運営団体 義肢装具SIG 代表 水澤二郎
■会場担当 長田貴史(神奈川リハビリテーション病院)
■協 賛(予定) 公益社団法人計測自動制御学会、一般社団法人日本作業療法士協会、一般社団法人日本義肢装具学会、公益社団法人日本義肢装具士協会、バイオメカニズム学会、感覚代行研究会、一般社団法人日本機械学会、特定非営利活動法人ヒューマンインタフェース学会、臨床歩行分析研究会

<過去の講習会に参加された方の感想です>

「義肢装具というテーマでもさまざまな分野の方のお話がきけてよかったです。現場の方と直接お話ができる機会があるのは素晴らしいことだと思いました。」 学生

「全体的にとても勉強になりました。自身の専門職の深めた話や多他域と一緒に考えていかねばならない面などを話し合う機会もあり良かったです。ありがとうございました。」 医療機関関係者

「セラピストなど他職種の方々とお話しすることができ大変興味深かった。講義も非常にわかりやすく、これからの業務に活かしたい。」 義肢装具製作販売業者

Copyright (C) P.O.S.I.G. All Rights Reserved.