《 本文へ 》  【 トップ > 概要 | 事業 ( カンファレンス ・ 協会誌 ・ コンテスト ・ SIG ) | 事務局 | サイトマップ 】

SIG(Special Interest Group)活動

 SIG(Special Interest Groupの略称で、「シグ」と読んでいます)は、協会内の専門部会であり、会員それぞれの専門や興味のある領域ごとに、いくつかのグループがつくられています。
 現在、10のSIGが設置され、活発な活動がなされています。

お断り:迷惑メール防止のために、下記各連絡先のメールアドレスの@(半角のアットマーク)は@(全角のアットマーク)で表示してあります。送信の際にはご注意ください。

コミュニケーションSIG

 コミュニケーションは、人が生きていく上で根源的なテーマであり、障がいがある人々が日々の生活において生き甲斐や自己の役割を見出す上で重要な意味を持ちます。コミュニケーションSIG(COMSIG)は、重度四肢麻痺者を主な対象として、コミュニケーション機器や操作スイッチなどに関する情報収集や情報交換、講習会などの啓蒙活動を、わが国における先導役として取り組んでいます。
代表者:渡辺崇史(日本福祉大学)
事務局:上野忠浩
住所:〒222-0035 横浜市港北区鳥山町1770
気付:横浜市総合リハビリテーションセンター研究開発課内
電話:045-473-0666
FAX: 045-473-1299
E-mail:com-sig@resja.or.jp

先頭へ | トップページへ

SIG姿勢保持

 重度の障害や高齢化によって座位などの姿勢を保つことが困難になった場合、生活のあらゆる場面で適切な姿勢に保持することによって自立を支援し、QOLを高めることに繋がります。本SIGでは幼児から高齢者まで個々の状態に対応した姿勢保持の理論から実践的な技術について、毎年開催する講習会や講習会テキストなどによって伝達・情報交換を目的に活動しています。
代表者:繁成 剛(東洋大学 ライフデザイン学部)
事務局:児玉 真一
住所:〒222-0035 横浜市港北区鳥山町1770
気付:横浜市総合リハビリテーションセンター 地域リハビリテーション部 研究開発課内
電話:045-473-0666
FAX: 045-473-1299
E-mail:posi-sig@resja.or.jp

先頭へ | トップページへ

車いすSIG

当SIGは、

「車いす技術の発展と普及に関する諸問題をユーザーの視点に立って解決をはかる」

ことを目的に、各地での技術講習会・適用支援グッズの企画・関連の出版物発行・歴史情報の整理など多域にわたり積極的な活動を展開しております。
代表者:松尾清美(佐賀大学 医学部)
事務局:沖川悦三
住所:〒243-0121 厚木市七沢516
気付:神奈川県総合リハビリテーションセンター リハ工学研究室
電話:046-249-2590
FAX:046-249-2598
E-mail:wc-sig@resja.or.jp

先頭へ | トップページへ

乗り物SIG

乗り物SIGは、生活に不便を感じる小児、大人、高齢者、一時的な障害をお持ちの方などの移動や乗り物全般、公共交通のバリアフリー、近未来のモビリティなど、移動環境を取り巻く様々な課題について、会員相互で年齢、立場を超えて情報交換し、論議して情報を求めている方々へ的確な情報伝達を目的に活動するグループです。
代表者:岩ア満男((有)岩崎)
事務局:松尾清美
住所:〒849-8501 佐賀市鍋島5丁目1-1
気付:佐賀大学 大学院医学系研究科 医学部附属地域医療科学教育研究センター 福祉健康科学部門(社会生活行動支援)
電話:0952-34-2187(直通)
FAX:0952-34-2187
E-mail:matsuoki@cc.saga-u.ac.jp

先頭へ | トップページへ

自助具SIG

自助具SIGは、不便を感じながら自立生活を営む人々の日々の生活をサポートする環境づくり?モノづくりのグループです。自助具とは、体の不自由な人が日常の生活動作をより便利に、より容易にできるように工夫した道具です。私たちは、自助具使用にあたっての適応とその効果の判定や、自助具の製作技術を体型化し広めるため、自助具に関する研究・開発・情報交換を行い、普及・促進を図ることを目的として活動して行きます。
代表者:岡田英志
事務局:岡田英志
住所:〒630-0214 奈良県生駒市東生駒月見町207-360 1-M-102
気付:ヒューマン
電話:0743?85-7990
FAX:0743-74-9211
E-mail:human-okada@ric.hi-ho.ne.jp

先頭へ | トップページへ

特別支援教育SIG

特別支援教育SIGは、障害のある子ども達が育つ中で、生活面や学習面、遊び、教育制度、その他さまざまな困り事について、工学的なサポートを通じて改善しうる情報を交換/共有することを目指すグループです。まだ少人数のため、個々のメンバーによる活動ではありますが、他のSIGとの交流をはじめ、子どもの育ちを支える情報交換/伝達を目的に活動します。
代表者:松田靖史
(川村義肢株式会社)
事務局:高原光恵
住所:〒772-8502 鳴門市鳴門町高島字中島748
気付:鳴門教育大学特別支援教育専攻
電話:088-687-6319
FAX: 088-687-6319
E-mail:takahara@naruto-u.ac.jp

先頭へ | トップページへ

SIG住まいづくり

 SIG住まいづくりは、多様な分野からの参加者を得て「住まいづくり」に必要な、技術的課題の探求を始め、チームアプローチによる課題解決の方法論、改善事例のデータベース化など、情報の交換から学際的な研究までを行うことを目的としています。また、まちづくりなどバリアフリーデザイン全般への展開も目指します。
代表者:橋本 美芽(首都大学東京 健康福祉学部)
事務局:鈴木 基恵
住所:〒222-0035 横浜市港北区鳥山町1770
気付:横浜市総合リハビリテーションセンター 地域リハビリテーション部 研究開発課内
電話:045-473-0666
FAX: 045-473-1299
E-mail:sumai-sig@resja.or.jp

先頭へ | トップページへ

移乗機器SIG

 「移乗」は障害者・高齢者の生活範囲を広げる基本動作です。本人も介助者も、楽に安心して、安全で満足できる方法で移乗動作を行うことが大切です。本人の能力を活かし、介助者の身体を守る方法とはどのような方法でしょうか。移乗に関連した福祉機器類を中心にしながら、移乗動作のあり方や移乗用具の選定手法などを考えていくグループです。
代表者:古田 恒輔(神戸学院大学 総合リハビリテーション学部)
事務局:青木 久美子
住所:〒651-2180 神戸市西区伊川谷町有瀬518
気付:神戸学院大学総合リハビリテーション学部 古田研究室(15-713)
E-mail:ijyou-sig@resja.or.jp

先頭へ | トップページへ

SIG褥そう防止装置

 SIG褥そう防止装置は、褥そう予防のために基礎研究から臨床応用まで広い範囲にわたって専門が異なるさまざまな職種が協働しているグル−プです。1997年より活動しています。所属は、リハ工学以外にも、基礎医学・形成外科学・リハ医学・看護学といった幅広い参加者で、立場はメーカー、教育機関、行政機関、公的施設など様々です。主たる活動としては、リハ工カンファレンス開催時の基礎講習会、接触圧講習会、そして用語の検討などを行なっています。接触圧の規格・単位に関しての検討は関連団体と協力しながら、積極的に進めています。褥そう予防は、リハ工学の原点ともいうべき対象です。是非ご参加下さい。
代表者:新妻淳子(国立障害者リハビリテーションセンター 研究所)
事務局:河合俊宏
住所:〒362-8567 埼玉県上尾市西貝塚148-1
気付:埼玉県総合リハビリテーションセンター 相談部 福祉工学担当
電話:
FAX: 048-781-1552
E-mail:sig-pmps@resja.or.jp

先頭へ | トップページへ

義肢装具SIG

 義肢や装具は身体に直接触れる一番身近な福祉用具です。義肢装具に興味と関心を持つ人たちが集まり、技術や知識を深めていく場として、基本的な事から先端技術まで色んな情報を講習会やホームページで提供し合い、義肢装具の技術発展と普及に関する諸問題をユーザーの視点に立って解決をはかることを目指します。
代表者:水澤二郎 (一般財団法人啓成会 啓成会高等職業技術専門校)
事務局:砂野義信
住所:〒649-6426 和歌山県紀の川市下井阪252-5
電話:0736-77-6111
FAX:0736-77-6111
E-mail:po-sig@resja.or.jp

先頭へ | トップページへ


(C) Rehabilitation Engineering Society of JAPAN (Resja) , 2005 - 2014