【開催概要】第35回リハ工学カンファレンス in 北九州

第35回リハ工学カンファレンス in 北九州

暫定版です。随時更新します。みなさまのご参加を心よりお待ちしています。

日時2021年9月25日(土)から26日(日)
開催オンライン開催
大会長繁成剛 (長野大学 社会福祉学部)
実行委員長中村詩子(北九州市立総合療育センター)
主催一般社団法人 日本リハビリテーション工学協会
スケジュ|ル3月15日(月)~4月30日(金) 演題募集期間
6月1日(火)~7月10日(土) 抄録登録期間
6月1日(火)~9月10日(金) 参加申込期間
内容リハビリテーションのための工学技術に関わる一般演題発表や、イベントなどを行います。
市民公開講座

無料
市民公開講座は、どなたでも無料で参加できる貴重な機会となっております。
(参加方法など近日公開)

①大会長講演:繁成剛(長野大学/リハビリテーション工学協会顧問)
1954年生まれ。1979年九州芸術工科大学(現・九州大学)大学院生活環境専攻修了。北九州市立総合療育センター、北九州市テクノエイドセンター勤務、近畿福祉大学福祉産業学科教授、東洋大学ライフデザイン学部人間環境デザイン学科教授を経て、2020年より長野大学社会福祉学部社会福祉学科教授。1995 年スウェーデンのIKEA賞。2011年日本義肢装具学会飯田賞受賞。

②特別講演:熊谷晋一郎(東京大学先端科学技術研究センター)
1977年山口県生まれ。小児科医。東京大学先端科学技術研究センター准教授。当事者研究にとりくむ。新生児仮死の後遺症から脳性麻痺になり、以後、車椅子で生活。小中高は普通学校で過ごす。著書に『発達障害者当事者研究――ゆっくりていねいにつながりたい』、『リハビリの夜』(第9回新潮ドキュメント賞受賞)、『つながりの作法』他。

参加申込み概要

参加申込期間2021年6月1日(火)~9月10日(金)
参加費①会員 5,000円  *抄録集(PDF)あり
②非会員 5,000円
③初めて発表する障害・難病の当事者・家族 無料  *抄録集(PDF)あり
④学生会員 1,000円  *抄録集(PDF)あり
⑤学生非会員 1,000円
⑥高校生以下 無料

演題発表は、①・③・④のみ可能 (発表者は、日本リハビリテーション工学協会の正会員および学生会員に限る。ただし、初めて本カンファレンスにて演題発表する障害当事者および、初めて本カンファレンスにて演題発表する障害当事者の家族および地元企業については、会員資格を問わない。)>>入会案内
参加対象どなたでもご参加いただけます。
お申込み方法(近日公開)