一般社団法人日本リハビリテーション工学協会の設立に伴い、
本ガイドラインのURLがhttp://www.resja.or.jp/com-gl/に変わりました。

[ここから本文です。]

「重度障害者用意思伝達装置」導入ガイドライン
~公正・適切な判定のために~
【平成24-25年度改定版】

 平成18年10月より、「重度障害者用意思伝達装置」が日常生活用具から補装具に移行されたことに伴い、身体障害者更生相談所における判定が必要になりました。そのため、適切な機器が真に必要な障害者に速やかに支給されるようにする観点から、この「重度障害者用意思伝達装置」導入ガイドライン~公正・適切な判定のために~をまとめ、平成21年3月31日に発行しました。

 その後、厚生労働省告示(補装具の種目、購入又は修理に要する費用の額の算定等に関する基準)は、補装具評価検討会での議論を経て、重度障害者用意思伝達装置の購入基準並びに修理基準が改正されました(平成22年3月31日 厚生労働省告示第124号、平成24年3月30日 厚生労働省告示第277号)。

 また、平成25年度からは障害者総合支援法により、障害者手帳を持たない難病患者も補装具費支給制度の対象となったことから「補装具費支給事務取扱指針」(最終改正:平成25年3月15日 障発0315第4号)の中で、その留意事項等がまとめられています。

 この改定をふまえて、本ガイドラインの改定版を発行(公開)します。(平成25年3月29日)

次(概要説明)へ