2022年度
福祉機器コンテスト協賛企業

特別協賛
  • フランスベッド株式会社
協賛企業
  • 株式会社ケープ
  • 有薗製作所
  • 日本3Dプリンター株式会社

福祉機器コンテスト2011結果報告

優秀賞(学生部門)

  • エアーフォース1
応募者
  • 千静岡県立吉原工業高校 機械科 3年 瀧 晃太 氏
応募概要

発語が不明瞭な、また、肢体不自由(手や足)の生徒・児童のために何かリハビリになるようなものがないかと考え機器を考案しました。 簡単な玉入れゲームですが、ホースでつながったジョウゴから息を吹き込みシュートすることで口周辺の筋肉を動かし発語の明瞭化を図ります。 また、口以外でも手や足を使ってポンプを動かすことで手や足のリハビリにもつながり、児童・生徒が安全に使用でき楽しみながらリハビリをする機器です。