2022年度
福祉機器コンテスト協賛企業

特別協賛
  • フランスベッド株式会社
協賛企業
  • 株式会社ケープ
  • 有薗製作所
  • 日本3Dプリンター株式会社

福祉機器コンテスト2013結果報告

最優秀賞(機器開発部門)

  • Stalk2(エストークツー)
応募者
  • 稲村  駿 氏
共同開発者
  • 廣冨 哲也 氏
応募概要

広汎性発達障がいおよび知的障がいがあると、言葉のみによる指示では理解が不十分なため、視覚的な手がかりが必要であると明らかになることが少なくない。応募作品である「STalk2」は、視覚シンボルを構造化して提示することにより、会話の内容を視覚的に理解する手がかりを与えるコミュニケーションエイドである。STalk2では、音声認識などで入力した単語を、ドロップスおよびユーザの独自シンボル集を検索してシンボルに変換し表示する。変換候補がない場合は、Googleの画像検索でヒットした画像を表示する。障がい児5名とその支援者による評価では、STalk2はコミュニケーションを円滑にし、話の流れに応じた視覚シンボルを準備する手間を軽減することを示唆する結果を得た。